プログレス進学塾 看護学校受験(予備校)

看護専門学校受験 専門塾
那覇看護学校 浦添看護学校 沖縄看護学校 北部看護学校 具志川看護学校
お問い合わせ: 098-992-2341

看護・医療受験 専門塾 --創立21年目--
個別指導による少人数制 -高い合格率-
社会人・過卒生 生徒募集中! 入塾のご案内

一人旅は、孤独と試練との戦い


現在、タイはバンコクのEkkamai駅近辺にホテルを取っていて、そこからブログを書いてます。(よければ、googlemapを使って地図検索をしてみてください)

外国からブログを書いているというのも、なんだか不思議な感じです。バンコクは沖縄から何千キロも離れているのに、実を言うと沖繩のすぐその近辺でブログを書いている気分なんです。

でも、ホテルから一歩出ると、明らかに日本人じゃない人々が、聞いたことのない知らない言葉で会話しているわけです。それで、あ〜ここはもう日本じゃないんだな・・・って感じになります。


【一人旅は孤独で辛い】
『旅行を楽しんできてください!』とよく声を掛けられるのですが、正直言ってまったく楽しくないです(笑)。なぜ楽しくないかというと、一人旅だからです。

一人旅は孤独です。とても孤独です。行ったことのない外国で、知らない土地でしばらく過ごすわけですから、とても緊張してしまいます。しかも何かトラブルがあれば、すべて一人で解決しなくてはなりません。困ったことがあったからといって、気軽に助けてくれる人は誰もいません。

誰かに助けて欲しい時は、片言の英語で、身振り手振りで誰かとコミュニケーションをとらなくてはいけません。旅先でトラブルがなければ気が楽でいいのですが、これがもう〜、訪れる先々で、何度もトラブル続きです。

【一人旅、最初の試練。タイに入国できない】
最初のトラブルは、タイの入国審査で一悶着あったことです。なぜ入国審査でトラブルになったかというと、タイ本土でしばらく滞在するホテルをまだ決めていなかったからです。

50代くらいの怖そうな顔をした女性入国審査官に『あなたは当国へ滞在中どこのホテルに泊まるのか?』と聞かれた際に、『まだ決めてない』と答えたら、不機嫌な顔をして『NO〜』と言われました。

【審査官の英語が聞き取れない。大ピンチ】
なんだかヤバそうな雰囲気になったので、『これからインターネットを使って探す』と言ったら、何を言ってるか聞き取れない英語でまくし立てられました。(こんな時、質問された英語が聞き取れないと超焦ります。もっと英会話を勉強しとけばよかったというモチベーションになりました(笑))

とりあえず、滞在するホテルを決めないといけない事が雰囲気で分かったので、『バンコク内のホテルに泊まります』と返答しました。そしたら『何という名のホテルか?』と質問されました。

何でもいいので何かしらホテル名を言わないと、いっこうに入国許可が出なさそうなので、ネットサーフィンをしていた際に記憶の片隅にあったバンコク内のホテル名を言いました。そしたら私の担当の入国審査官の隣にいた別の審査官が、『そのホテル知ってる!』と言ってくれました。

そして担当の入国審査官から、『OK!!!』というありがたいお言葉を頂いて、ようやくタイへ入国することができました。ほんの2〜3分のやり取りでしたが、入国審査官の話す英語が聞き取れないというストレスで、精神的にものすごく疲れました。そのせいか、空港の入国ゲートを通り抜けた後30分ほどですが、空港のロビーでへたり込んでました。
(後で調べると、何らかの原因で入国拒否される人が実際にいるようです)

これが最初のトラブルというか、一人旅の最初の試練でした。


【それからの試練】
電車の切符の買い方が分からない。切符販売機の近くにいた案内人に切符の買い方を聞いたけど、いまいちよくわかない。仕方ないので、タッチパネルとにらめっこして自力で解決。


【部屋の鍵が開かない】
ホテルに到着後、自室の鍵の開け方がわからなくて1階受付(エントランス)を行ったり来たり。受付のタイ人女性とはすべて英語でやりとり。私は片言英語なので、意思疎通に時間がかかる。

私はホテルの21階に部屋を取ったのですが、部屋の鍵がちょっと変わっていて、開けるのにコツがいる鍵でした。それで何度試しても部屋の鍵が開けられなくて、21階と1階受付をエレベーターで行ったり来たりしているうちに、自分の部屋が何階だったのかを忘れてしまう。それで自分の部屋とは違う23階の別人の部屋の鍵を開けようとしたりした。


【インターネトが使えない。大ピンチ】
このホテルで2日過ごして、荷物をまとめてホテルをチェックアウトしました。そして、近くのスターバックスでのんびりアイスティを飲んでいたら、iPhoneのインターネット機能が使えないことに気づく。

原因は、滞在していたホテルの部屋にWiFiルーターを忘れてしまった可能性が大だと思い、大急ぎでチェックアウトしたホテルに戻る。(iPhoneのインターネットが使えないと、この私の旅は終了してしまう。そのくらいインターネットに依存した旅なのだ)

【「部屋に忘れ物した」って、英語でなんだっけ】
ホテル受付の女性に英語で、『部屋にWiFiルーターを忘れたから、もう一度部屋に入れてくれ』と話したら、なぜか、このホテルのSSIDとpasswordを教えてもらう。それで私は『No.No.No』を連発して、『I forgot something, in my room』を3回繰り返したらようやく意味が通じた。

受付の女性から部屋の鍵を受け取って急いで21階に上がり、部屋を隈なく探したら、テレビ横に置きっぱなしになったWiFiルーターを見つけた!!
これで旅を続けられる!!


【バンコクのぼったくりタクシー】
バンコクには、ぼったくりタクシーしかいなじゃん、という話
また次に
 

浦添看護学校の後期合格発表

【浦添の合格者9名だけ】
今日、浦添看護学校で後期試験の合格発表ありました。
今年度の合格者は9名だけと少なめでした。(例年の合格者は15名くらい)

【おもと会の後期試験は合格しやすかった】
沖縄看護専門学校(おもと会)の後期試験は、合格者が例年の2倍以上の合格者が出ました。しかし、おもと会と異なり浦添看護学校の後期試験は合格者数が少なめでした。

【併願しましょう】
来年度の県内看護学校受験を予定している方は、2校以上の学校を併願受験した方がいいです。1校に絞っての勉強はリスクが高いです。

【補欠合格・追加合格もある】
3月初旬から中旬にかけて、補欠追加合格の連絡が来る可能性があります。1次試験に合格したかたは、まだ合格できる可能性がありますよ!

これから出国です更新2

今からタイに向けて出国します


やっとのことでバンコクのホテルまで到着!わからないことだらけなので、旅の恥はかきすての気持ちで臨みます。
バンコクの中心地は西洋人だらけなので、英会話の練習になります。
これから外食に挑戦してきます。ひとり旅なので心細いけど頑張ります!


2016.0209
【チップをあげ間違えて、大喜びされる】
ホテルでボーイにカバンを持ってもらったので、チップ50バーツ渡すつもりが、旅の疲れと緊張で紙幣を見間違って500バーツあげてしまいました。(通常は20バーツでいいらしい)

最初は500円もあげすぎちゃったな〜、と思ってたのですが、よく考えてみると1バーツ3.3円なので、カバン持ちでチップを1650円ほどあげてしまったことになります。

ちなみに、タイのコンビニの平均時給は40バーツ(約130円)らしいです。

500バーツとは、タイではコンビニ12時間分の給料に等しくなりそうです。

どうりでホテルのボーイさん、500バーツのチップで大喜びするわけです。チップのお礼に、お釈迦様の合掌ポーズ(ワイというポーズ)で感謝をしてくれました。そして抱きしめてこようとしたし(笑)

チップ文化に慣れるまで、もうしばらくかかりそうです。


沖縄看護専門学校 通信コース全員合格!

blg0225
【おもと会 全員合格!!】
今日、沖縄看護専門学校(おもと会)で、後期試験の合格発表がありました。

通信教育コースで受講されていた方、2名とも全員合格しました!
今回合格した2人とも、学校中退経験者だったのでヒヤヒヤしましたが、見事に合格しました!
1年間、最後まで諦めずに勉強を頑張りました!
おめでとうございます!!


明日は、那覇看護学校の後期試験です。
明後日は、浦添看護学校の後期試験です。
最後まで諦めずに頑張ってください。合格できます!
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: